トピック

医薬分業のQ&A

医薬分業とは

医薬分業とはどういうことか、皆様にご理解していただくために、この「医薬分業Q&A」を作成いたしました。医薬分業とは、病気になり医師の診察を受けた際に、病院や診療所でお薬をもらう代わりに院外処方せんをもらう方式のことをいいます。その院外処方せんを保険薬局に持っていかれますと、薬剤師が、書かれている薬の量や組み合わせ等をチェックの上、調剤します。この「医薬分業Q&A」をご一読いただき、医薬分業をご理解頂ければ幸いです。



Q1.院外処方せんって何ですか?

病院や診療所でお薬をもらう代わりに、街のかかりつけ薬局でお薬をもらうための処方せんです。


Q2.薬を扱う店なら、どこでも調剤してもらえますか?

薬局であればどこでも調剤します。しかし、薬を扱う店でも薬局でないところがありますから、ご注意下さい。「保険薬局」「保険調剤」「処方せん受付」などの表示のある薬局であれば、どこでも調剤してもらえますので、お好きな薬局にお持ち下さい。
なでしこ薬局では、どちらの病院・医院の処方せんも受付いたします。


Q3.薬局では処方せんに書いてある通りの薬を調剤してもらえますか?

はい、もちろんです。処方せんの通りに正確に調剤します。なでしこ薬局では 1200品目以上のお薬を在庫しておりますが、もしも置いていないお薬がありましても早急に手配しまして、出来る限りの便宜をはからせていただきます。


Q4.薬局ではいつでも調剤してくれるのですか?

はい、処方せんの交付日を含めて4日以内なら、いつでも調剤します。


Q5.処方せんがなくても、以前に調剤してもらった薬をもらえますか?

いいえ。処方せんは、そこに書かれた数量だけしか調剤できません。その都度診察を受けて処方せんをもらって下さい。


Q6.薬局で調剤された医療費は医療費控除の対象となりますか?

病院や医院に支払った医療費と同じく、薬局で調剤して支払った分も医療費控除の対象になります。なでしこ薬局では、調剤の際患者負担金がある場合は領収書をお渡ししていますので、大切に保管しておいて下さい。


Q7.処方せんは代理の者が持って行っても調剤してもらえますか?

処方せんがあれば、ご本人でなくてもかまいません。患者さんはお宅でお休みになり、ご家族などが処方せんをお持ちになっても、調剤が受けられます。なでしこ薬局では、他に用事があって忙しい場合、処方せんを薬局に預けておき、都合のよい時にお薬をもらいに行くこともできます。


Q8.薬局では、処方せんに書かれた薬について説明してくれますか?

はい。お薬を安心して使っていただくために、使用方法や保管方法など説明は充分いたします。お薬について疑問がありましたら、薬局の薬剤師にお問い合わせ下さい。なでしこ薬局では、 患者さん一人一人より安全に、より有効にお薬を使用していただくために、 「薬剤服用歴の記録」 を作成し、アレルギー、副作用経験、服用状況などをチェックいたします。また、患者さんのお薬の服用を記録した 「お薬手帳」 を配付しております。


Q9. 医薬分業が行われると、どんな利点がありますか?

医薬分業を実施することの利点としては主として次のことがあげられます。
●薬の専門家である薬剤師が医薬品を管理、試験をすることでその安全性及び有効性の一層の確保が期待できる。
●医師と薬剤師との間で相互チェックが行われることにより配合禁忌や誤薬等の事故が防止できる。
●医薬品の効能効果、副作用等に関する情報交換等を通じてより安全性の高い投薬が期待できる。


Q10.院外処方せんをもらうと、薬局に行く手間が増えて面倒ですね?

最近は半数以上の医療機関が医薬分業を始めております。 たしかに、手間が増えることは事実です。しかし、お医者さんに行く途中には、何軒か薬局があると思います。どこでもあなたの都合のよい薬局で調剤してもらって下さい。どこの保険薬局でも処方せんをお受けいたしますが、あらかじめ一つの保険薬局を「かかりつけ薬局」としてお決めいただくと、お薬の情報がすべて集められ、より安全でより効果的なお薬の使用が期待できます。なでしこ薬局をあなたの 「かかりつけ薬局」 にしてください。


トピック一覧


本店営業日

2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

八鹿店営業日

2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
求人情報 求人資料請求 スタッフブログ LINE@

トップへ戻る