トピック

インフルエンザについて

インフルエンザとは

インフルエンザは感染した人の咳や、くしゃみなどでインフルエンザウィルスが空気に飛び散り、それを吸い込むことにより感染し、高熱や筋肉痛などの症状が現れることです。日本では11月から4月頃までの初冬から早春にかけて流行します。例年、12月から増え始め、2月初め頃に流行のピークを迎えることが多いようです。1つのウイルスが細胞に感染すると、約8時間後には約100個のウイルスができると考えられています。そのためにも早期受診、早期治療が大切です。

インフルエンザと風邪の違い

インフルエンザと風邪とは、病原体・感染経路・症状などが違います。
インフルエンザ 風邪
原因(病原体) インフルエンザウィルス ライノウィルス
アデノウィルス
まれに細菌など
感染ルート 空気感染 接触感染
主な症状 38~40度の高熱頭痛・倦怠感・筋肉痛・関節痛など 37~38度の熱・鼻水・くしゃみ・せき・のどの痛みなど
上記の表の通り、風邪はほとんどが手や指などを介する接触感染です。例えば、風邪の人が鼻水などに触れた手で触ったところを、別の人が触れ、その手で自分の鼻などを触ると感染します。一方、インフルエンザウィルスは、感染した人のくしゃみやせきにより、空気中に撒き散らされたウィルスを吸い込むことで感染する空気感染です。接触感染より空気感染の方が広く感染しやすく、流行しやすいのです。

症状ではインフルエンザの方が高熱になり、乳幼児では時に40度を越すこともあります。さらに風邪ではみられない「筋肉や関節の痛み・全身のだるさ」が現れるのが特徴です。

また、SARS(Severe Acute Respiratory Syndrome)という日本では「重症急性呼吸器症候群」 と呼ばれる感染症があります。主な症状としては、38度以上の発熱などインフルエンザに似ていますが、数日たつと急に、痰が少なく乾いた咳、息切れ、呼吸困難などで、胸部レントゲン写真で肺炎などの所見が見られます。また、頭痛、悪寒、食欲不振、全身倦怠感、下痢、意識混濁などの症状が見られることもあります。流行地への旅行、あるいは発症した人に接近しないといった対策が必要です。初期症状がインフルエンザと似ているため、混同しないことが大切です。

インフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンは、全シーズンの流行状況、その年のインフルエンザシーズンにおける最新の状況を検討して流行予測し、ワクチン株が選定されています。
最近の10年間は予測と実際に流行したウイルス株はほぼ一致しており、有効なワクチンが生産されています。
特に高齢者にワクチン接種が勧められています。
インフルエンザの合併症として、高齢者では気管支炎や肺炎、小児では中耳炎や熱性痙れん、インフルエンザ脳症などが挙げられます。免疫力の低下により、合併症を起こし重症化し死亡する例もあるため、特に高齢者にはワクチン接種が勧められています。厚生科学研究所の報告によると、65歳以上の健常な高齢者については、ワクチン接種により約45%の発症を阻止し、約80%の死亡を阻止する効果があったと報告されています。  ワクチンが十分な効果が維持する期間は約2週間後から約5ヶ月間で、一般的に10月下旬頃から12月中旬頃に行われるのが望ましいとされています。

インフルエンザの治療薬について

インフルエンザに対する治療薬としては現在シンメトレル、タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタの5種類が用いられます。それぞれの特徴を表に示します。
商品名 001

アマンタジン
(シンメトレル®)
001

オセルタミブル
(タミフル®)
001

ザナミビル
(リレンザ®)
001

ラニナミビル
(イナビル®)
001

ペラミビル
(ラピアクタ®)
作用機序 M2タンパク阻害 NAI NAI NAI NAI
適応 A型のみ A型・B型 A型・B型 A型・B型 A型・B型
剤型 錠剤・細粒 カプセル(C)・ドライシロップ(DS) 吸入 吸入 点滴静注
用法・用量(成人) 100mg/日を1~2日 1日1カプセル2回5日間(C) 1回10mgを1日2回5日間 10歳以上:40mg 300mg
用法・用量(小児)  

1日2mg/kg1日2回5日間(DS)

成人と同様※ 10歳未満:20mg 10mg/kg
使用上の注意 発症48時間以内に服用 同左 同左 同左 同左
耐性ウイルス A(H3N2)A(H1N1)pdm09 A(H1N1) なし なし オセルタミブルと交差耐性?
予防内服 100mg/日 1日1カプセル1回10日間 1回10mgを1日1回10日間 開発中 適応なし
副作用 興奮、不眠、悪心、嘔吐、食欲不振など 消化器症状(腹痛、下痢、嘔吐など)
注2)
嗄声、気管支痙攣、頭痛、下痢など 下痢、悪心、胃腸炎など 消化器症状(腹痛、下痢、嘔吐など)
※4歳以下の安全性は確立していない。
参考:インフルエンザの制御法 小林治(メジカルビュー社)

注1)予防投与の使用条件
原則として、インフルエンザ感染症を発症している患者さんの同居家族又は共同生活者である下記の方のみ病院での処方が可能です。
1.65歳以上の方
2.慢性呼吸器疾患又は慢性心疾患の方(気管支喘息、慢性気管支炎、心不全、心弁膜症、心筋梗塞など)
3.代謝性疾患の方(糖尿病など)
4.腎機能障害の方(人工透析など)

注2)タミフルを服用した後に異常行動から死亡に至った例が報道され話題になりました。
厚生労働省の研究班による調査では『タミフル服用と異常言動の関連性は認められなかった』という研究結果が出ております。(2006年10月)

インフルエンザに伴う発熱に対して使用する解熱薬について

発熱は悪寒、倦怠感など不快な感覚や脱水症状を引き起こしたり、小児ではしばしば熱性痙れんを誘発することがあるため、高熱には解熱薬が用いられます。しかし、インフルエンザに伴う発熱の解熱には使用できない薬や適していない薬があるので注意しましょう。
小児や高齢者のインフルエンザに伴う発熱に対してはアセトアミノフェン(カロナール、ピリナジンなど)を使用することが推奨されており、その他の解熱剤の使用は慎重にすべきです。また成人ではイブプロフェン(ブルフェン)が使用されることもあります。

☆使用を避けるべき薬☆
1.サリチル酸系解熱鎮痛薬(アスピリン、バファリン、PL顆粒、ペレックス顆粒、エテンザミドなど)
※市販の風邪薬にも含まれていることがあるので特に注意が必要。
2.ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)
3.メフェナム散(ポンタール)

市販の解熱薬を使用するときは医師または薬剤師にご相談下さい。

薬物投与以外の発熱への対応法

インフルエンザの発症直後の発熱は、解熱剤を使用しても下がらないことがしばしばあります。発熱自体は免疫反応ですので、41度を超えなければあまり心配いりません。
ただ、患者本人にとっては大変な苦痛です。ここでは、家庭で出来る発熱への対応法についてご紹介します。

1.クーリング:最も一般的に行なわれるのは額のクーリングですが、比較的太い血管が表面の浅いところを通っている首筋・わきの下・腿の付け根などを冷やすと効果的です。氷を氷嚢やビニール袋に入れてタオルなどで包んで行なうと良いでしょう。

2.高熱が出たときは過度な厚着をさせたり、布団をたくさんかけて無理に汗をかかせないようにしましょう。ただ、体温が急激に上がる時には、熱は高くても手足が冷たくなり震えがでるので、その時は暖めるようにしましょう。

3.水分を十分に摂取しましょう。発熱や汗により水分がたくさん失われます。食欲がなくても水分はまめに摂取するように注意しましょう。

抗生物質について

抗生物質は細菌に効果のある薬でインフルエンザウィルスには効きません。しかし、高齢者や体の弱っている方は、インフルエンザにかかることにより細菌に感染しやすくなっています。このため、インフルエンザウィルスに加えて、細菌も感染することによって起こる肺炎、気管支炎などの合併症に対する治療として抗菌薬が使用されることがあります。

感染力

一般にインフルエンザウイルスに感染し、発症してから3~7日の間はウイルスを排出するといわれています。この期間の患者さんには感染力があるといえますが、排出されるウイルス量は経過とともに減少し、排出期間の長さには個人差があります。

学校保健法では、「解熱した後2日を経過するまで」をインフルエンザによる出席停止期間としていますが、医師の判断によります。また、職場復帰の目安については決まった規則や取り決めはありませんが、医師と相談して決めるようにしましょう。

予防法

●栄養と休養を十分とり、体力をつけて抵抗力を高めることにより感染しにくくしましょう。
●人ごみを避け、病原体であるウィルスを寄せ付けないようにしましょう。
●ウィルスは低温、低湿を好み、乾燥しているとウィルスが長時間空気中を漂います。加湿器などで室内の適度な温度を保ちましょう。
●手洗いうがいをしましょう。
●マスクを着用しましょう。予防のため、また感染した人も他人に感染するのを防ぐために、エチケットとして着用しましょう。


トピック一覧


本店営業日

2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

八鹿店営業日

2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
求人情報 求人資料請求 スタッフブログ LINE@

トップへ戻る