トピック

タバコの害について

タバコの害1

タバコの煙の中には、約4000種類の化学物質が含まれていて、その内200種類以上は身体に有害な物質だといわれています。その中でも含まれる量と毒性の強さから、ニコチン 、タール 、一酸化炭素 は3大有害物質といえます。
ニコチンには交感神経を刺激する作用があるために、末梢血管が収縮して血流が少なくなり、その結果、血圧が上昇したり脈拍が早くなって、心臓に負担をかけ、血管の老化を促進します。また、喫煙を習慣づけさせる作用も持っています。

タールはタバコの煙を集めて冷やすとできる黄褐色のねばねばした液体、ヤニそのものであり、がんの発生を促す発ガン物質がたくさん含まれています。 一酸化炭素 は、体内に入ると、本来、酸素と結びついて運搬してくれるはずの赤血球中の血色素に約200倍もの強い力で結びついて、体内は軽い酸欠状態になってしまいます。
また、動脈硬化や心臓病の発生にも関与しています。そして、タバコは肺がんだけでなく、ほとんどのがんの発生に関わりがあり、特に、タールが吸着されやすい肺、口腔、咽頭、喉頭、食道のがんと関わりが深いと考えられています。さらに、飲酒しながらのタバコの害はさらに最悪といってもいいでしょう。

タバコの煙が通過する呼吸器においては、肺気腫と慢性気管支炎という疾患があります。肺気腫とはタバコの煙の刺激によって、気道が慢性的に炎症を起こし、肺の一部が壊されたり傷ついて、次第に弾力がなくなり、息切れや呼吸困難を起こします。慢性気管支炎とは気道の分泌物が多くなり、たんやせきに悩まされ、細菌感染を起こしやすくなり、発熱を伴うこともある疾患です。口の中も、タバコの煙の通過点ですから、歯周疾患、歯石付着、口臭などの原因にもなります。一流の料理人などは味覚や嗅覚が低下しないようにタバコを吸わないと言われています。


タバコの害2

毎年五月三十一日は「世界禁煙デー」。これは、 WHO( 世界保健機構 ) が「世界の人に喫煙と健康問題の認識を深め、適切なたばこ対策を求める」ことを目的に 1987 年に制定されました。日本においても、平成十五年五月施行の健康増進法により、事務所その他多数の人が利用する施設を管理する人に対して、受動喫煙の防止策を講じることが努力義務化されました。喫煙は、周囲の人にもストレスや健康に影響を与えるため、“個人的な嗜好”ではすまされない“社会的な問題”となっています。

よく「禁煙すると太るって本当?」て聞かれます。「確かに、禁煙すると食事がおいしくなり、つい食べ過ぎてしまい、体重が増える人もいますが、体を動かしたり、食生活に気を付けることで体重増加は防げますよ」とお答えしています。

「軽いタバコのほうが危ない」 って知っていますか? 普段ニコチン 1.2mg の銘柄を吸っている人が、低ニコチン (0.4mg) に切り替えた時の一酸化炭素ヘモグロビン濃度は、軽いタバコのほうが値が高くなる実験データがあります。一酸化炭素はタバコに火をつけた際に発生するガス成分の一つで、体内に入ってヘモグロビンと結合します。軽い分本数を増やす結果になったかもしれませんね。

よく 空気清浄機 を設置すれば安心して喫煙できるとおっしゃる方がいますが、実際測定した結果、有害物質の一割程度しか除去出来ているにすぎません。一酸化炭素やダイオキシンなどガス相に含まれるものはほとんどが浄化されることなく排気口から周囲に撒き散らされていま す。

最後にタバコによる火災 は、全火災の一割を占め、放火についで 2 番目に多い出火原因で、損害額においては、 123 億円で全体の一位です。 ( 平成13年中 )これだけの リスク をまだ続けますか。吸っていない人までが被害をうけています。愛する家族のために一度タバコを見直しませんか。
さらに近年、若い女性の喫煙率が増加していると言われていますが、女性には特有の影響があります。妊娠中の喫煙は、低体重児の出産や、早産、流産の危険性を高めます。その理由は、 ニコチン が子宮や胎盤の血管を収縮させること、さらに、 一酸化炭素 などによって、胎児が酸欠状態にさらされるためと考えられます。タバコの煙には、 「主流煙」 と呼ばれる喫煙者がフィルターを通して吸う煙と、 「副流煙」 と呼ばれる火のついた部分から立ち上る煙があり、有害物質は 「主流煙」 よりも 「副流煙」 のほうに高い濃度のものが含まれています。そのため、タバコを吸わない人でも、喫煙者と同じ空間にいれば、この有害なタバコ煙を吸い込むことになります。これを受動喫煙 ( 間接喫煙 ) といいます。


禁煙サポート

人はなぜタバコを吸うのでしょう。理由はさまざまです。気分転換に、リラックスのために、ストレス解消、カッコいいから・・・。でも、タバコを吸う習慣は、別のところにも理由がありそうです。喫煙をやめられない原因はタバコに含まれているニコチンにあります。タバコの煙に含まれるニコチンには強い依存性があります。このため、吸い終わってしばらくすると、「イライラや不安」などの不快な「ニコチン切れ症状 ( ニコチン離脱症状 ) 」を引き起こし、また次の一本を吸い続けることになります。さらに、長年タバコを吸う動作を繰り返してきたため、タバコを吸うということが習慣化され、考え事やリラックスしたい時に、タバコがないと手持ちぶたさになり、口寂しく感じたり、「タバコのおかげで落ち着けた、アイデアが浮かんだ」など、過去のタバコにまつわる良い記憶だけ頼りにする心理的な依存もあります。

タバコをやめるための薬についてお話しましょう。ニコチンの依存は薬物中毒の一種と考えられています。その治療はニコチン代替療法といわれ、使われる薬に、「ニコチンガム」と「ニコチンパッチ」があります。ニコチンパッチは、タバコの代わりにニコチンをゆっくり補充することで、ニコチンの離脱し症状をやわらげる効果があり、ニコチン切れの症状が強い禁煙のスタート時の利用に向いています。医師の処方と指導が必要です。ニコチンガムは薬局でも購入できますが、必ず薬剤師の指導を受けてください。最近、病院や医院の中には、禁煙外来を設けて治療を行うところが増えてきました。医学的な経験と専門知識のサーポートを得るのも、禁煙を成功させる方法のひとつです。
この際に、今タバコをくわえている人、禁煙にチャレンジしませんか。

インターネットで見つけた禁煙サポート
●インターネット禁煙マラソン
http://kinen-marathon.jp
●まゆみ先生の禁煙外来
http://www.venus.dti.ne.jp


赤ちゃんとタバコ

禁煙サポートタバコの害今回は赤ちゃんとタバコについて少しお話しましょう。 生まれたばかりの赤ちゃんってとってもかわいいですね。でも、好奇心一杯でまだなにもわからない乳幼児にとって、家庭内でも危険はいっぱい。家庭内で起こる事故で最も多いのは、赤ちゃんが手にしたものを飲み込んでしまうこと ( 誤飲 ) 。タバコなどの誤飲は大変危険です。とくにハイハイやつかまり立ちをしはじめると、お父さんやお母さんの予想を超えて移動したり、高いところのものに手を伸ばしたりするようになり、ヒャッとさせられることも度々です。日頃より、赤ちゃんの口に入る大きさのもの ( 直径 39mm 以内 ) は、赤ちゃんの手の届く範囲に置かないことが大事です。しかし、1本の4分の1だけ食べただけでニコチン中毒を起こす危険なタバコ。とくに危険なのが、灰皿代わりに利用した空き缶の中身を飲んでしまうケース。中の液体にニコチンが溶け出して、吸収が速くなります。これも気を付けてくださいね。

もし赤ちゃんが何かを誤飲したときは、落ち着いて、何をどれくらい飲み込んだのかを確かめましょう。そして口の中に残っているものをかき出し、 ( タバコなど吐かせていいものもあれば、先の尖った針や安全ピン、カッタの刃など吐かせていけないものもあります。 ) 、ただちに病院へ連れて行きましょう。危険なものを飲み込んだ場合はすぐに救急車を呼んでください。
異物を飲み込んだときの応急手当がどうしてよいのかわからないときは、保健所・病院、「中毒 110 番」に電話してください。

(財)日本中毒情報センター
●大阪中毒 110 番
TEL:0990-50-2499
365 日 24 時間対応(ダイヤル Q2: 有料)

●つくば中毒 110 番
TEL:0990-52-9899
365日 9時-21時対応(ダイヤル Q2: 有料)

●たばこ専用電話
TEL:0727-26-9922
365 日 24 時間対応(テープによる情報提供 : 無料)

救急車も消防車も局番なしの 119番(全国共通) です。
つながると「火事」か「救急」かを聞かれるので、「救急車をお願いします」と伝え、指示に従いましょう。


トピック一覧


本店営業日

2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

八鹿店営業日

2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
求人情報 求人資料請求 スタッフブログ LINE@

トップへ戻る