トピック

おくすりのQ&A

こんな疑問やご経験はございませんか?

薬剤師が薬局の窓口や在宅訪問などにおいて実際に経験した事例、健康づくりのお薬相談コーナーにてご相談を受けた事例をご紹介しましょう。日頃より皆さんの身の回りでこんな疑問やご経験はございませんか?



1.薬を飲むと胃が痛くなる…

ある町での健康づくり大会のこと。お薬相談コーナーに訪れたAさん。「今使っている薬を飲むと胃が痛くなる。どうして」との相談。そこで薬を見せてもらうと、Aさんは、膀胱炎、神経痛、風邪で三ヶ所の医療機関を受診。処方された薬は、それぞれの医療機関から同じ種類の痛み止め(非ステロイド性消炎鎮痛剤)をもらっていることが分かりました。

受診の際、別の医療機関から薬をもらっている事を黙っていたため、それぞれの医師はAさんの症状に合わせた薬を処方し、その結果、同じ痛み止めを三重に飲んでいたわけです。一般的に、痛み止めは、痛みを取る、熱を下げる、炎症を止めるといった効果が有りますが、その反面、自分の胃を守る役目をしている体内物質(ある種のプロスタグランジンなど)を作れなくしたり壊してしまう働きがあります。そのため、痛み止めを飲むと胃に負担がかかり「胃が痛い・・」となるわけです。

また、痛み止めは、「喉の痛みに効く薬」や「腰の痛みに効く薬」といったように体の部位別に作用するのでなく、全身に作用して、痛いと感じる場所の痛みを取っています。そのため、痛み止めは1種類で効果があります。Aさんの場合は、こういった痛み止めの作用というよりは、今使っている薬があるのに、それを別の医師に伝えなかったところに問題があったと言えます。

複数の医療機関に受診する時は、今使っている薬をきちんと医師に伝えるようにしましょう。なでしこ薬局では、処方された内容を記録できる『お薬手帳』を配っています。


2.風邪でもないのに空咳が…

「最近、風邪でもないのに咳が出て。孫たちに悪いから」と三世代同居のCさんから相談。Cさんは、カプトリルという血圧を下げる薬を飲んでいたのですが、この薬(ACE阻害剤・・腎臓にある血圧を上げる物質を作れなくする薬)の仲間の中には、長期間服用していると、風邪でもないのに「コンコン」と空咳が出る場合があります。お医者さんに相談し、別の薬に変えてもらってからCさんの咳も止まり、孫への心配もなくなりました。

この空咳という症状はペプチドの入っている特定保健食品などにおいても起こりえます。薬のみならず、健康食品などを常用している場合も、必ず医師や薬剤師に伝えましょう。


3.尿を出す薬と出にくくなる薬を一緒に飲んでいた…

これも健康づくり大会の薬相談コーナーでの話。高血圧の薬を3種類飲んでいたBさん。薬剤師がお薬を確認したところ、尿を出す薬と出にくくなる薬を一緒に飲んでいました。話を聞いてみると、別々のお医者さんからもらっているとのこと。一つは降圧利尿剤のフロセミド(血圧が高かったり足がむくんだりした時に尿をだして血圧を下げたりむくみをとる薬)、もう一つは頻尿改善剤の塩酸プロベリンでした。Bさんはフロセミドを飲み始めてからトイレが近くなり、我慢できなくなったので別の医院を受診しました。その際、フロセミドを飲んでいることを内緒にしていたために医師は塩酸プロベリンを処方しました。

その結果、Bさんは反対の効果を持つ薬を一緒に飲み続けていたのです。
このケースの場合、フロセミドの量を減らす、あるいは血圧の変動に注意しながら違うタイプの降圧剤に変えてもらう必要がありました。つまり、同じ医師に相談していれば解決されていたはずです。また、仮に今回のケースのように違う医院を受診したとしても、いま飲んでいる薬を医師にきちんと話すことが大切です。


4.知らないうちに眠たくなる薬が4種類も…

「風邪薬を飲んだら、もう眠たくて仕事が出きない」とある日Aさんがこう言って薬局に飛び込んできた。良く聞いてみると、Aさんは、胃潰瘍と更年期障害で内科と婦人科から出された6種類の薬を飲んでいました。

その中で眠気の出る可能性のある薬が3種類(安定剤、鎮痙剤、自律神経調整剤)あったのですが、今までは眠気がそれほど日常生活に悪影響を与えることなく、うまくコントロールされていました。ところが、風邪をひいて鼻水が止まらないので家にあった鼻水止めを飲んだところ、この鼻水止めにも眠くなる成分が含まれていたために、結果として4種類の眠くなる薬が重なってしまい、「もう眠たくて・・」という状態になってしまったわけです。

このケースの場合は、薬剤師が婦人科のドクターに連絡を取り鼻水の症状が止まるまで自律神経調整剤を休薬することで改善されました。眠たくなる薬はたくさんありますので知らずに薬が原因で眠い状態になっているケースも少なくありません。眠気などで何らかの支障が生じている場合には、薬も確認しておきましょう。


5.薬が原因で便秘になる…

女性の方や高齢の方で便秘に悩まされている方も多いはず。ましてや、薬が原因で不快な思いをしているとしたら、嫌ですよね。高齢になると、歯が少なくなり、食事の量が減って、食物繊維の量が減るほか、運動不足や水分摂取の少なさ、排便時の腹圧が不十分(特に寝たきりの方などは寝たままでおなかに力が入りません)など、いろいろな原因で便秘になりやすくなります。

「薬を飲んでも何も出ない」というおばあちゃんに話を聞いてみると、「ほとんどご飯を食べていない」なんてことも。これでは出ないわけですよね。
臨床的に言うと「3日以上排便のない場合、あるいは1日の便量が35グラム以下の時」が便秘とされているそうです。ですから、1日や2日出ないからといって心配しすぎることもないようです。でも、薬が原因で便秘になっているとしたら嫌ですよね。

便秘の原因になる薬は、抗うつ薬、抗コリン薬、制酸剤、抗パーキンソン薬、バリウムなどいろいろ考えられます。また、コデインという成分の入った咳止めなどを飲むと、腸管の運動と水分の分泌が抑えられ、腸管からの水分吸収を進めるため便秘になりやすくなります。こういった薬を飲んでいる方は、水分を多めに取るように心がけましょう。また、普段から便秘気味の方はお医者さんに相談し便を柔らかくする薬(便秘薬)を処方してもらうとよいでしょう。


6.「調子がいいから」といって薬を勝手にやめても…

ある老人クラブの勉強会でのこと。受講者の一人であるAさんからこんな話がありました。「先日、私の友人の一人が調子がいいからといって血圧の薬を勝手にやめて、あの世にいってしまいました。」Aさんの友人は訪問指導の保健婦さんから「ちゃんと飲まないとだめ」と注意された翌日の出来事だったそうです。血圧の薬は、飲んでいるから血圧が安定し、調子がいいのですが、飲むのを止めたり忘れたりすると急激に血圧が上がり、血管が破れて脳出血になることもあります。

これは何も血圧の薬だけの話ではありませんが、特に高血圧や糖尿病といった慢性疾患の場合には、毎日のことなので「飲み続けているから調子がいい」ということを忘れがちになるのでしょう。でも、命にかかわることですので、決して自己判断で薬を勝手に止めてはいけません。薬について心配なこと、分からないことは薬剤師に気軽にご相談下さい。


7.同じ症状だから自分の薬を人にあげても…

血圧が高く、足がむくみやすい体質のAさん。ある日、立ち仕事をしていて足がむくんだ娘さんに「同じ症状だから」と自分の薬をあげた。Aさんが渡した薬は降圧利尿剤のフロセミドというお薬。尿を出してむくみを取ったり、血圧を下げる薬です。でも、この薬は普段血圧が正常な人には必要のない薬。「同じ症状だから」と娘さんに飲ませた結果、娘さんは血圧がさがりすぎて倒れてしまったのです。
また、こんな事例もありました。仲のいいBさんご夫婦。心臓を患っているご主人は心臓病用の貼り薬を、肩の痛みがひどい奥さんは消炎鎮痛剤の貼り薬を使っていました。ところが、奥さんの使っていた貼り薬が切れてしまったため痛みが出てはと心配したご主人が自分の貼り薬を奥さんにあげてしまったのです。この二つの貼り薬は外観も似ていたため、ご主人はどちらも同じような“痛み止め”の貼り薬と思われたのでしょう。結果、奥さんは顔がほてって具合が悪くなりました。

医師は、患者を診察し薬が必要な場合には患者さんの症状や体質、年齢、体重、肝臓・腎臓の機能などすべてを考慮した上で薬の種類、量、回数などを決めています。つまり、医師の処方する薬は患者さん一人ひとりに対するオーダーメイドなのです。症状が似ているからといって、ご自分の薬を他の人にあげたりするのは絶対に止めましょう。


8.鼻炎薬を飲んだらおしっこの出が悪くなった…

風邪をひいて鼻水が止まらないBさん。家にあった市販の鼻炎薬を飲んだところ「おしっこの出が悪くなった」と薬局に相談。Bさんはもともと前立腺肥大症の治療薬を飲んでいました。この薬は主に膀胱の筋肉の収縮力を強くし、前立腺が腫れて出にくくなっている尿を出そうとする働きがあります。一方Bさんが今回飲んだ鼻炎薬には、抗ヒスタミン作用といって、咳や鼻水を止める作用のほか、眠たくなったり筋肉をゆるくする作用(筋弛緩作用)などもあるものでした。つまり、逆の作用を持つ薬を一緒に飲んだために前立腺の薬の効果が弱くなり、「おしっこが出にくい」という元の悪い状態に戻ってしまったわけです。

市販の風邪薬や鼻炎薬の添付文章(薬の説明書)には「緑内障のある方、排尿困難な方は、服用前に医師または薬剤師に相談してください」と書いてありますが、Bさんはこれを読まずに服用してしまったようです。
このように、市販薬といえども安易な使い方は禁物です。市販薬を買うときも必ず薬剤師に相談しましょう。


9.食品の影響で薬の効果が弱くなる…

Aさんは血栓症治療薬のため抗凝血剤のワルファリンカリウムを服用していました。このワルファリンカリウムは血液が固まって血管が詰まるのを防ぐための薬で、静脈血栓症や心筋梗塞、肺塞栓症などの治療・予防に使われます。Aさんの場合、最初は1回1㎎錠を1錠服用していました。医師は毎回トロンボテストという血液の固まりやすさをみる検査をして薬の量を決めていたのですが、数ヵ月後には1回1㎎錠を5錠まで服用するようになっていました。

薬剤師が現在飲んでいる他の薬との飲み合わせによりワルファリンカリウムの効果が弱くなっているのではないかと考え調べてみましたが、特に問題はありませんでした。そこでAさんに詳しく話を聞いてみると、ビタミンKを含む健康食品を飲んでいることが分かりました。つまり、この健康食品の影響でワルファリンカリウムの効果が弱くなっていたのです。

薬剤師は、健康食品の摂取を中止するようにAさんに伝えるとともに、この状況を医師に報告し、薬の量は元に戻りました。このケースの場合、ビタミンKをたくさん含んでいる納豆、青汁、モロヘイヤのスープ、ほうれん草などの取りすぎにも注意する必要があります。このように食品が薬の効果に影響を及ぼす事例も少なくありません。


10.咳止めを飲んだら、手の振るえが止まらない…

風邪をひいて咳止めを処方してもらったDさん。突然薬局に電話があり、「薬を飲んだら手の振るえが止まらなくなった。」との訴え。咳止めには、咳中枢をブロックするタイプや気管支を広げるタイプなどいくつかありますが、この事例で問題になったのは、気管支を広げて咳を止めるタイプの塩酸プロカテロールという薬でした。このタイプの咳止めは、もともと気管支を広げる作用がある反面、心臓にも働いて、動悸がする、脈が速くなる、指先がビリビリする、手足が振るえるなどの症状が出やすい薬でもあります。

但し、こういった症状は個人個人で感じ方が違いますし、すべての人に出るわけでもありません。Dさんは、手が振るえる症状が強く出てしまったのです。このケースの場合は、薬を中止し、違うタイプの咳止めに変更してもらうことで解決しました。

このように、普段と違う症状や何か変わった症状が出たら、「病気のせいだろう」などと我慢せずに、医師や薬剤師に相談しましょう。


11.薬は牛乳やジュースで飲んでも…

牛乳は胃の粘膜を保護しますので、鎮痛剤など胃を荒らす薬の場合は牛乳と一緒に飲むのも良いと思われますが、例えばテトラサイクリン系抗生物質の塩酸ミノサイクリンやニューキノロン系抗菌剤のノルフロキサシン、オフロキサシンといった薬は、牛乳や乳製品、胃酸の仲間の制酸剤(市販薬も)の中のカルシウム、マグネシウム、アルミニウムなどと胃の中でくっついて吸収が悪くなり、効果が弱くなってしまうことがあります。

また、高血圧や狭心症の治療薬であるカルシウム拮抗剤をグレープフルーツジュースと一緒に飲むと、薬の作用が強くなりすぎて、血圧が下がりすぎたり、心拍数が増えたり、めまい、ふらつき、頭痛、顔面のほてりなどが起こったりすることがあります。これはグレープフルーツの苦味成分である「ナリンギン」というフラボノイドが腸の中の細菌によって「ナリンゲニン」という形に変身させられ、これが薬の解毒酵素の働きを邪魔する結果、薬を飲み過ぎたのと同様の症状が出るためです。

したがって、薬を飲むときは原則として「水またはぬるま湯」で飲むようにし、牛乳は薬を飲んでから1時間ほど時間を置いて飲むようにすると良いでしょう。また、グレープフルーツの影響は8時間ほど受ける場合がありますので、高血圧や狭心症の薬を飲まれている方は、グレープフルーツを取らないほうが賢明です。


12.薬と嗜好品(コーヒー、たばこ、お酒)との相性は…

日常生活において代表的な嗜好品と薬の相性を見てみましょう。
まず、コーヒーにはカフェインが含まれています。このカフェインと相性の悪い薬が多々あります。痛風の薬を飲んでいる時にカフェイン入りの飲み物を飲むと、薬の効果が落ちることがあります。痛風の薬は尿酸という物質を体の外に出す働きがあるのですが、カフェインと尿酸が似ているためカフェインが尿酸の変わりに体の外に出され、結果尿酸が体内に残ることになります。

また、シメチジン入りの胃腸薬は、シメチジンがカフェインの肝臓での解毒を抑えるためカフェインの副作用である動悸、めまい、振るえ、不安、不眠などが起こることがあります。さらに市販の風邪薬にもカフェインが含まれているものが多くあり、それらの薬を飲んでいる時にコーヒーや紅茶などのカフェイン入り飲み物を何杯も飲むとカフェインの取りすぎで頭が痛くなったり、いらいらしたりすることがあります。

たばこと相性では、気管支に作用するテオフィリンという薬は、喫煙によって体から早くなくなるため、効き目の持続時間が短くなることがあります。経口避妊薬(ピル)は、たばこに含まれるニコチンによリ、もともとこの薬が持つ「血の塊ができ血管が詰まりやすくなる」という副作用が出やすくなります。そのため心筋梗塞などの心臓血管系の病気になる確率が高くなります。さらに、アンチピリンという成分の痛み止めは、喫煙により薬の効果が弱くなることがあります。特に若い人にはたばこの影響が大きく出るようです。

最後にお酒(アルコール)はもともと脳や脊髄を支配する中枢神経を抑制したり、血管を広げたりする作用があります。そのため抗不安剤や催眠鎮痛剤の効果を強くしたり、抗ヒスタミン剤でめまい、頭痛などが出やすくなったりします。また、血圧を下げる降圧剤の効果を強くするため、たちくらみが起きたり、起立性低血圧になったりすることもあります。さらにセファム系抗生物質のいくつかはアルコールの代謝酵素の邪魔をして血中にアセトアルデヒドという物質(二日酔いの原因)が増えるため、顔が赤くなったり、心臓がドキドキしたり、血圧が下がったなどの二日酔い状態になることがあります。
これらはあくまでも一例です。できれば薬を飲んでいる時は少し嗜好品を控えるようにしたほうが賢明でしょう。


13.目薬がうまくさせない。さて、こんな時は…

在宅で療養をしているCさん。なんだか量の減り方が違うみたい。そこで話を聞いてみると、Cさんは青色とオレンジ色の目薬を使っていましたが、いつも青色の目薬だけが残っていました。容器を比べてみるとオレンジ色のものより薬の出る先から底までの長さが短く、胴体部分も硬いことが分かりました。早速医師に連絡し、同じ成分でオレンジ色と同じ容器に入っている薬に変更してもらい、結果2種類の目薬は同じスピードで減っていくようになり、目の調子もよくなりました。

また、手が振るえてどうしてもこぼれてしまう方には、「らくらく点眼」というお助け器具があります。この器具はプラスチック製で、直径四㎝くらいのおちょこの形をしており、真ん中が目薬の容器を差し込むように穴が開いています。その穴に目薬を差し込み、容器ごと目の上に置いて目薬の胴体部分を押すと一発で命中できます。どうしても上手く使えない薬の相談も薬剤師にしてみてください。


14.水虫の薬って、どれも同じ…

水虫の薬で悩んでいるBさんが市販の水虫薬を使ったところ「痛くて使えない!」とのこと。どうしてなのでしょう。市販されている水虫の薬には、液体、軟膏、クリーム、パウダー、スプレーなど様々な剤形がありますが、それぞれを水虫の症状に合わせて使わないと効果が上がりません。

水虫には大きく分けて、足の指と指の間にできる「趾(し)間型」、足の裏などに小さな水ぶくれができる「小水疱型」、白くカサカサになる「角化型」などがあります。Bさんの場合は、右足の中指と薬指の間にできた趾間型で皮膚が割れて傷になっていました。もしかして化膿しているかもしれません。そこに用いたのが液体タイプの薬。思いっきりしみて「痛い!」となったわけです。一般に腫れや痛みのある場合は、炎症を止めたり化膿を止める薬を使ってから水虫の手当をします。
ジュクジュク症状には軟膏が良いでしょう。カサカサ症状には液体かクリームがよいのです。また、足の爪にできる水虫(つめ白癬)もありますが、市販の薬では爪の中に薬が浸透するのはなかなか困難です。こんな場合は飲み薬が有効ですが、市販薬にはありませんので、皮膚科を受診し処方してもらいましょう。

水虫の治療は、症状が取れても最低一ヶ月くらいは根気よく薬を使うことが大切です。また、水虫とよく似た症状の皮膚病も多く、間違った手当では症状をかえって悪化させてしまいます。市販薬などで症状の改善が見られない時などは早めに皮膚科を受診してください。


15.心臓発作の時に使う薬をタンスの中に…

在宅訪問していて判明したことです。Aさんは、飲んでいるすべての薬をタンスの引き出しの中に保管していました。でも、その薬の中には心臓発作の時に使う頓服薬も含まれていました。この事例で問題になった薬は、狭心症治療薬の硝酸イソソルビドの錠剤でした。胸が痛んだり締め付けられるような狭心発作が起きたり、発作が始まりそうになったらこの薬を舌の下に入れて溶かします。同じような使い方をする薬にニトログリセリンという薬もあります。
狭心症の発作はいつ起こるか分かりませんので、外出時には財布の中などに入れて必ず身に付けていなければなりません。頓服薬は「いつ」「どんな時に」「どのように」使うのか、医師や薬剤師に必ず確認しておきましょう。


16.便秘薬を飲んでも効果が出ない。それどころか吐き気まで…

と便秘で困っているAさんがある日薬局を訪ねて言った言葉です。良く聞いてみると、Aさんが飲んでいたのは「腸溶錠」といって、胃で溶けずにアルカリ性の腸で溶けるように工夫された便秘薬でした。Aさんはこの薬を牛乳と一緒に飲んでいたのです。腸溶錠は、錠剤に膜をかけ酸性の胃ではなくアルカリ性の腸で解けるように工夫された薬です。ですから、胃の中で牛乳のようなアルカリ性のものと一緒になると、腸に届く前に胃で溶けてしまい効果がなくなってしまうのです。そのためムカツキが起こったわけです。これは、噛んだり潰したりして飲んでも同じことです。

市販の便秘薬の添付文章には「本剤は腸溶錠のため、制酸剤やミルクを飲んでから1時間以内の服用は避けてください」「コップ一杯の水またはお湯で噛まずに服用してください」などと書かれています。でもAさんは普段から起きがけに冷たい牛乳を飲んでトイレに行くきっかけをつくろうと習慣化していたため、つい牛乳と一緒に飲んでいたようです。

便秘薬のすべてが腸溶錠ではありませんが、今あなたが使っている便秘薬はどうでしょうか。「効き目が悪いな」と思っている方は、「腸溶錠かどうか」、「アルカリ性の飲食物と一緒に服用していないか」などを一度確認してみると良いでしょう。なお、参考までにアルカリ性の強い食品を例示すると、ワカメ、ゴボウ、ニンジン、リンゴ、納豆、スイカ、ブドウ、バナナ、ナシ、昆布、大根、シイタケ、イチゴ、キャベツなどが挙げられます。
お薬を服用しているときは、食品にも注意を向ける必要があります。


17.塗り薬が自分でうまく塗れない…

痛み止めの塗り薬を使っていたCさんのお話。Cさんが使っていた痛み止めの容器は、ろうそく形で先にスポンジの付いているものでした。でも、その薬を首の後ろに塗るとき自分では手が届かないのでいつもお嫁さんに頼んでいたのです。そこで薬剤師は医師と相談し同じような成分で「首の曲がった容器」に入っている薬に変更してもらいました。結果、Cさんは自分でいつでも塗れるようになり、また、お嫁さんも1回1回呼ばれなくなりとても喜ばれました。
このように薬の容器が原因で上手く使えない場合があります。でも、本人や介護されている型でないとなかなか気付かないものです。こんな時も医師や薬剤師に相談してみましょう。


トピック一覧


本店営業日

2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

八鹿店営業日

2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
求人情報 求人資料請求 スタッフブログ LINE@

トップへ戻る